パチスロット

パチスロ「天井1800G」の超強力トリガー!? 夢のある天井搭載の5号機を特集!! – パチマックス

パチスロ「天井1800G」の超強力トリガー!? 夢のある天井搭載の5号機を特集!!の画像1

 5号機時代では「天井から5000枚出た」なんてセリフをよく耳にしたものである。当時は天井到達時の恩恵が強力な機種も多く、万枚を超えるといったことも珍しくなかった。その分、天井までのゲーム数が深かったりと難易度は高い傾向だが…。

 そこで今回は、深すぎる天井を搭載した5号機を恩恵も合わせながら紹介したい。

『ブラックラグーン』(スパイキー)

 まず始めに紹介するのは、5号機の爆裂機として有名な『ブラックラグーン』である。純増約1.5枚、セット50G+αのAT「ラグーンラッシュ」を軸にボーナスを絡めながら出玉を伸ばしていくA+ART機だ。

 そんな本機の天井は、ボーナス間1480Gハマりで、次回ボーナス成立まで継続するARTに突入だ(バレットは6発状態からスタート)。ART中はレア役からバレット獲得を目指すのだが、6発状態になればバレット獲得時にゲーム数上乗せ。大量上乗せに期待ができる。

 ボーナス確率は「1/258 ~ 1/210」と比較的軽め。天井到達までハメるのは、そこそこ難易度が高いと言えるだろう。

『バイオハザード』(山佐)

 大人気ヒットゲーム『バイオハザード』初のタイアップ機としてリリースされた本機は、純増約1.0枚、1セット50GのART「biohazard」を軸にボーナスを絡めながら出玉を伸ばしていくA+ART機だ。

 本機の天井はボーナス間1810G消化とかなり深い。その分、到達時の恩恵は強力で、プレミアムARTに突入する(BIG当選時の1/2に当選するまでBIGとARTがループする)。

 ボーナス確率が「1/282.47 ~ 1/215.58」と重いわけではないが、天井が深いことを考えると到達難易度はかなり高いのではないだろうか。

 ただ、このような強力トリガーが備わっているだけでも、非常に夢のある台と言えるだろう。

『クラッピーパーク』(ビーム)

 最後に紹介するのは、2008年にリリースされた『クラッピーパーク』。出玉獲得のメインとなるBIGに加え、ARTとRTも搭載されているなど一風変わったシステムとなっている(REGは非搭載)。

 本機は3段階天井(ボーナス間1200、1500、1800Gハマり)となり、一番深い1800Gまで到達すればARTストックを10個獲得できる(ARTに突入すればほぼ次回ボーナス当選まで継続する)。

 ボーナス合算確率が「1/223.7 ~ 1/210」と設定差がほとんどないため、「低設定だから」という理由で天井が狙いやすくなるわけでもない。確率から考えても、1800Gハメるのは至難の業という印象だ。

(文=ひろ吉)

<著者プロフィール>

 IT業界の世界に興味を抱き、iPhoneアプリの開発を4年程経験。その後、WEBマーケティングの知識や経験を重ねてきた。パチンコ・パチスロのヘビーユーザーであり、機種のスペック等の研究に時間を注いでいる。現在はパチMAXにて、パチンコやスロットの考察記事・実戦記事をメインに作成中。自身が好む低純増・低ベース機の動向にも注目している。

【注目記事】

■パチスロ待望の新台は「万枚デビュー」…話題独占の大手メーカー激アツ情報!!

■パチンコ「3000発ループ」の“一狩千猟SPEC”や、「継続率70%×ALL1000個」のライトミドルなどがデビュー! 10月18日導入リスト

■「パチスロ新時代の幕開け」~4号機名機伝説・序章~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.66】

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button