パチスロット

パチスロ「設定6確定」の歓喜を消す「恐怖体験」!? パチンコ店に迫った「魔の手」とは… – パチマックス

パチスロ「設定6確定」の歓喜を消す「恐怖体験」!? パチンコ店に迫った「魔の手」とは…の画像1

 今年もパチンコ業界には、「旧規則機の撤去期限延長」や「有利区間の上限3000ゲームに緩和」など興味深いニュースが飛び交い大きな注目を集めました。

 前者に関しては様々な意見がありますが、プラスに捉えているホールも多いと思います。大量の撤去が予定されていた『ジャグラー』シリーズの、穴埋め準備ができるというだけでも大きいと話題になっておりました。

 もちろん期限が延長されただけであり、ホールから姿を消すという事実は変わりません。しかし、これまで多くのファンを熱狂させた人気機種が含まれていますので「打てる期間が延びて嬉しい」と感じている方も多いのではないでしょうか。

 ゲーム性の拡充を目的として決定した有利区間延長に関しては、当然ながら出玉性能の大幅アップとはなりません。しかし、これにより6号機のゲーム性が向上することは間違いないでしょう。

 今までにないAT機が登場する可能性もあります。有利区間継続数「3000ゲーム」までの規制緩和が、苦戦する6号機市場の状況改善へ影響を与えられるかに注目したいところです。

 このような遊技機に関する情報が注目を集めている状況ですが、一部ではパチンコ・パチスロユーザーを狙った「トラブル」も話題になっている様子。あるユーザーが被害の様子を紹介したところ、その内容に大きな反響が寄せられていたようです。

 何でもパチスロで大勝ちして帰宅している最中に、見知らぬ男性に声を掛けられたことがきっかけだったとか。内容については割愛させていただきますが、私は「とても許せない」と感じてしまいました。

 頻繁に起きないトラブルだとは思いますが、本件に関わったような極悪人たちは「大勝ちした人」などを狙っている可能性が高いのでしょうか。遊技を楽しんでいただけの方に、不快な思いをさせるというのは本当に許せません。

 個人的には「怪しいと感じた時点で警察を呼ぶ」や「ホール店員に助けを求める」といった対処ができそうな内容とも感じましたが…。

 人はパニックになれば正常な判断が難しくなるもの。話を聞くことと、実際に体験するとでは全く異なると言わざるを得ないでしょう。誰でも冷静さを、なくしてしまうものなのかもしれません。

 確かに「アノ時」もそうでした。

 今回は私が働いていたホールで、お客様が遭遇した印象深い「トラブル」を紹介させていただきます。

 当時、高稼働を実現していたパチスロの人気機種で「設定6」をゲットして歓喜していたお客様。順調に出玉を伸ばしていた天国から、一瞬にして「あのような恐怖」を味わうことになるとは…。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button