パチスロット

パチンコ新台『P北斗の拳9 闘神』スペック公開!軽々10万発の超速時代を制覇へ!! – パチマックス

 4号機『パチスロ北斗の拳』が空前の大ヒットを記録し、業界を代表する一大コンテンツへと成長を遂げた『北斗の拳』。その後はパチンコ分野でも目覚ましい活躍を見せ、大成功を収めているのは周知の事実だ。

 旧MAX機のバトルスペックとして一時代を築き上げ、続々と後継機を輩出している。ナンバリングを重ねるごとに時代に即したスペックへと進化。人気機種としてユーザーを魅了し続けている状況だ。

 初代の誕生より20年が経った節目に登場するシリーズ最新作。完璧なる革新を遂げた「究極闘神スペック」が、再びホールを熱狂に包み込む。

『P北斗の拳9 闘神』(銀座製)

パチンコ新台『P北斗の拳9 闘神』スペック公開!軽々10万発の超速時代を制覇へ!!の画像2
公式HPより

■大当り確率:約1/319.7

■右打ち時図柄揃い確率:約1/29.5

■バトルモード突入率:約66%

■バトルモード継続率:約81%

■転落小当り確率:約1/105.1

■賞球数/カウント:1&4&7&15/10C

■時短回数:1回or900回

■大当り出玉:10R約1500発+秘孔チャッカー 3R約450発+秘孔チャッカー

○○〇

 大当り確率は約1/319.7のミドルスペック。お馴染みのバトルモードは健在で、今作は転落抽選タイプとなっている。大当り出玉をアシストする秘孔チャッカーが新たに追加されている点も特徴だ。

 ヘソ大当り時は全て「3R・約450発+秘孔チャッカー」となり、その内訳は「バトルモード(時短900回)」が50%、「七星チャレンジ→バトルモード(時短900回)が9.4%、「七星チャレンジ(時短1回)」が40.6%に振り分けられる。

 七星チャレンジ(時短1回+残保留)での引き戻しを含めたトータルRUSH突入率は約66%、同タイプの機種と比べ、ハードルが低めに設定されている点は好材料といえるだろう。

 注目のRUSH「バトルモード」は時短900回が付与される。ここで約1/105.1で抽選される転落小当りよりも先に、約1/29.5となる図柄揃いを引くことで連チャンを伸ばすゲーム性。バトルモード継続率は約81%と、連チャン性能は申し分ない。

 更に、右打ち時の大当り出玉は「ALL10R・約1500発+秘孔チャッカー」となるため出玉面も充実。「高突入・高継続・高出力」と三拍子揃ったスペックだ。10万発クラスの超出玉がひしめく爆裂時代で、「究極闘神スペック」が好記録を生み出しそうな気配である。

「秘孔チャッカーでどれくらいの出玉増加が見込めるかですが、PVでは大当り1回あたり1600発+αの払い出しが確認できます。実際とはやや異なるかもしれませんが、出玉アシストとしての役割は十分に果たしてくれそうです。

同シリーズに対しネガティブな意見が強まっている印象ですが、演出が一新されるなどこれまでと異なる魅力を感じられそうな気配。なにより、スペックが優秀ですからね。バランスが良く大量出玉が狙えるという熱狂的ファンを獲得できそうな仕上がり。北斗フィーバーが再び起こる可能性は大いにあるでしょう」(パチンコ記者)

P北斗の拳9 闘神』の導入は今冬を予定している。20年という大きな節目に、新たな北斗伝説が刻み込めるかに注目だ。

【注目記事】

■パチスロ「終日6000枚超」の最強ボーナスタイプを完全攻略!!

■パチスロ『ミリオンゴッド』登場でホールを熱狂の渦に! ハイスペック「119%」マシンが続出デビュー【5号機を支えたトップメーカーの軌跡~ユニバーサル~②】

■パチンコ2時間で「185連9万発」の大記録…超速出玉時代の覇者が誕生か!?

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button