パチスロット

パチンコ新台「100%ST」で歓喜の3000発も! 安定×爆裂を両立させた激熱スペック!! – パチマックス

パチンコ新台「100%ST」で歓喜の3000発も! 安定×爆裂を両立させた激熱スペック!!の画像1

 ホットな新台をユーザーの感想を交えつつ掘り下げていくこのコーナー、【激アツ新台実戦JUDGEMENT】。今回のピックアップマシンは、派生タイトルながら本家にも勝るとも劣らない人気と実力をみせるシリーズ機がP機のトレンドを加えて登場した『Pスーパー海物語 IN 沖縄5 桜ver.319』(以下沖海5桜)だ。

 次回ループタイプの決定版『海物語』シリーズにおいてフルSTスペックを楽しめる本機。大当り確率が約1/319.6で確変突入率100%、ST70回転となっている。STは継続率が約80.3%の高ループ仕様で、大当りの1/3以上が最大出玉10ラウンド1500発。

 必ずSTに突入する安定性を担保しながら、P機らしく高い継続率を装備しつつ10ラウンド比率も満足のいく振り分けに設定するなど極限のバランスで構築されたスペックとなっている。

【注目/パチンコ「すげぇ神台なんだ!」と実感!! ◆たなみの新台の良いところ見っけ隊◆】

「P機らしさ」でいえば、電サポ中は消化スピードが早い。STの前半35回転までは「千本桜ゾーン」「桜盃ゾーン」「海桜ゾーン」と選べる3つのモードが用意され、演出へのこだわりをみせているが、余計なリーチがかからずにテンポよく展開し、スピード感が増している印象である。

「駆け抜けるときはアッサリ」「保1でも消化時間かわらないのが良い」とST中のスピード感に対する感想も多く、もともと『海』シリーズは時間効率に定評のある機械であったが、より速さが求められる時代でもあるといえよう。

 さらにもうひとつ、P機のトレンドを搭載。それが「ダイナミックボーナス」で10ラウンド大当りが2回発生する3000発フラグとなっていて、1500発の当りが立て続けに発生するのである。

 仕組み的には、10ラウンド大当り発生時に10ラウンドの保留連チャンが発生している場合に発動する可能性があるという単純なものだが、インパクトは充分。このような一撃性も大きな魅力となる。

「10連くらいはポコポコ出る」「14連で1万4000発」「一撃3万発オーバー」と爆発力も期待できる出玉性能を見せたという報告も多数。

 一方で、当たれば必ず80%連チャンのチャンスが与えられる安定感でボーダーも甘い部類に属するなど、ミドルタイプでも打ちやすい機種。「回れば1日遊べる」「安定感の高さを実感」とスペック感の良さを指摘する声も多い。

 ただ、『海』シリーズの新台としては極端に導入店舗が少ない印象。これは後発で導入されるライトミドルバージョンを見越しているものと予測できる。

 7月に登場した『Pスーパー海物語 IN 沖縄5』との棲み分けも難しい一面があるのかもしれないが、意外にも稀少な『海』シリーズの台となりそうである。

(文=大森町男)

<著者プロフィール>

 羽根物によってパチンコの魅力にとり憑かれ、パチンコ雑誌を製作する編集プロダクションに入社。パチンコに関する記事作りや編集業務に携わる。編集長としてファン雑誌の制作に取り組むなどの経験を活かし、その後は携帯サイトやweb、動画コンテンツなど幅広いパチンコメディアに従事。現在はフリーランスのパチンコライターとして活動。パチMaxを中心に消極的に執筆の場を広げている。

 

【注目記事】

■パチスロ「6号機の魅力」を語り尽くす…人気マシンの魅力も丸分かり!!

■パチンコ新台『牙狼』に続く究極神マシンが爆誕!突入率75%で“80%継続×ALL1500発”の破格スぺック!

■パチンコ「すげぇ神台なんだ!」と実感!! ◆たなみの新台の良いところ見っけ隊◆

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button