パチンコ

パチスロ「上乗せ7万7000G」の大事故…5号機史上「最強特化ゾーン」!? – パチマックス

パチスロ「上乗せ7万7000G」の大事故…5号機史上「最強特化ゾーン」!?の画像1

 個人的に思い出深いパチンコorパチスロを綴らせていただく本コラム。これまでも「変則スペック」やクセの強い仕様の「一風変わったマシン」などを紹介させていただきました。

 今回は「チャンス役が必ず連続!」という業界初のチャンス役ゲーム数管理システム「COMBO CHANCE」を搭載した5号機『パチスロ カウボーイビバップ』をピックアップさせていただきます。

 本機が導入されたのは2014年。この時期は、疑似遊技によって連続でチャンス役が成立しているように演出するマシンが登場しました。代表的な機種といえば『パチスロ黄門ちゃま 喝』あたりでしょうか。

 今回の主役である『パチスロ カウボーイビバップ』も、そんな疑似遊技の特性が活かされた仕様です。先述した「COMBO CHANCE」がまさにソレで、通常時は平均32Gでチャンス役が出現。これが2連以上する仕様となっております。

 その内訳は「チェリー」「スイカ」「チャンス目」が「1:1:1」。連続して出現すればコンボとなり、繋いだコンボ数が多ければ多いほど「前兆・CZ・AT」のいずれかに当選する可能性が高くなるのです。

 AT「スパイクRUSH」は1Gあたり純増2.5枚で、突入時は初期ゲーム数と「仲間ポイント」を獲得できる特化ゾーンからスタートします。

 仲間ポイントの概要は、「ジェット」「エド」「フェイ」の3名にそれぞれポイントが加点されていく仕様。AT中も抽選が行われており、10P貯めることができれば、キャラに対応した上乗せ特化ゾーンに突入する仕組みです。

「ジェットRUSH」はSTタイプの上乗せゾーン。10Gの間に出現率1/10の「COWBOY BEBOP絵柄」を揃えることができれば、ST10Gが再セットされます。ここではベルの50%で上乗せとなるため、上乗せ性能は強力です。

「エドRUSH」は1セット5G+αの自力2択タイプ。1/2に正解すれば上乗せ&セット継続となり、レア役成立はナビストックのチャンスとなります。エスパー仕様が得意な方には持ってこいの特化ゾーンです。

 そして、もっとも大量上乗せの可能性を秘めているのが「フェイRUSH」。初期上乗せゲーム数は5Gで、これを倍々に増やしていくゲーム性となっております。押し順ベルは倍増のチャンスなのですが、レア役のコンボが訪れた際は大チャンスです。

 ここでの上乗せはまさに青天井。上乗せ性能だけに限れば、5号機史上「最強特化ゾーン」といっても過言ではないでしょう。

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button