パチンコ

パチンコ新台「継続率83%」で出玉感も十分な甘デジが登場! 大当り出玉「オール1350発」ライトミドル帯最強クラスのマシンもデビュー!【新台分析―パチンコ編―】 – パチマックス

パチンコ新台「継続率83%」で出玉感も十分な甘デジが登場! 大当り出玉「オール1350発」ライトミドル帯最強クラスのマシンもデビュー!【新台分析―パチンコ編―】の画像1

 昨年11月にリリースした『Pとある魔術の禁書目録』の大ヒットで勢いに乗る藤商事から、同社が誇る時代劇パチンコ最新作『P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵』が登場する。

 今回はライトミドルと甘デジスペックが同時デビュー。いずれも魅力溢れる特徴的なスペックを有するなど、老若男女問わず多くのプレイヤーが楽しめる1台となりそうだ。

『P遠山の金さん2 遠山桜と華の密偵』(見出し)

※ライトミドル

■大当り確率:1/199.8

■時短突入率:100%

■時短回数:50回 or 75回 or 100回 or 150回 or 200回 or 499回

■賞球数:3&1&15

■カウント:9C

■大当り出玉:10R(約1350個)

※甘デジ

■大当り確率:1/99.9→1/40.5

■お電タイム当選率:1/119.1(電チュー)

■確変突入率:ヘソ・0%、電チュー・100%

■時短回数:御出座チャンス・50回、お電タイム・30回

■ST回数:70回

■賞球数:3&1&5&12

■カウント:7C

■大当り出玉:3R(約252個)、6R(約504個)、10R(約840個)

〇〇〇

 まずライトミドルは、大当り時の出玉すべてが10R(約1,350個)となるのが本機最大のポイント。その大当り確率は約1/199で、消化後は100%時短へ突入。回数は50回or75回or100回or150回or200回or499回のいずれかに振り分けられ、最大の500回であれば大当りの大チャンスかつ遊タイムが即発動するというおまけ付きだ。

 なお、遊タイムは低確率状態を500回転消化で到達し、その後は759回の時短が付与される。

 一方の甘デジは、藤商事初のC時短「お電タイム」を搭載。このC時短は突然時短と呼ばれるもので、招き猫クルーンチャレンジ中に「お電」の穴に玉が入れば当選となる。

 ヘソ大当りは、3R+時短50回の「御出座チャンス」へ移行し、ここで再度大当りを引ければST70回の「スペシャルチャンスタイム」へと昇格。それ以降の大当り確率は1/40.5へとアップし、約83%で大当りが連チャンする。

 右打ち中は大当り出玉も魅力的で、電チュー大当り時は約58%で6R(約504個)の出玉を獲得できる。10R約804個の振り分け割合も10%と現実的であり、ヒキ次第ではまとまった出玉獲得も十分狙えそうだ。

【注目記事】

■パチスロ新台「完走率97%」の激アツトリガーを搭載! 爽快感MAXの話題作にファン必見の新情報も!

■パチスロ「最後の万枚製造機」で“1000G乗せ”が炸裂! 最強特化ゾーン突入で一撃ミリオンチャンスも…展開に恵まれず!?

■パチスロ「128G以内にAT当選」の短期決戦型マシン!?

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button