パチンコ

甘デジでしか体感できない「究極の興奮」…パチンコ「5万発マシン」で波に乗るヒットメーカーから「強力な新機種」が続々!! – パチマックス

甘デジでしか体感できない「究極の興奮」…パチンコ「5万発マシン」で波に乗るヒットメーカーから「強力な新機種」が続々!!の画像1

 お待ちかねの一台が、ついにパチンコファンの前に姿を現した。

 2017年に登場するとライトミドルながらコンテンツ自体が持つ魅力とともに1種2種混合機のスペックポテンシャルを最大限に発揮し、その面白さの噂が徐々に広がると人気が爆発。度重なる増台を繰り返しては、その年を代表する機種となった『CRF戦姫絶唱シンフォギア』。

 そのシリーズ最新作がいよいよ登場するとSANKYOの公式You Tubeチャンネルにてスペシャルムービーが公開された。その名も『Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 1/77VER.』だ。

 甘デジ限定カラーとして赤色に染めた枠の煽りから始まる映像で本機の特徴を紹介。「最終決戦演出一新」とし昇格チャレンジ中の演出を一部展開。また、大当り確率1/77、突破率約51%、継続率約79%とシリーズの流れを汲むスペックに言及している。

 さらに「大当り後230回転で『V-STOCK』!?」というスペシャル機能の存在も示唆。「甘デジに轟く『絶唱』の旋風」「甘デジでしか体感できない究極の興奮」「最もRUSHが近い甘デジへ変貌」と期待しかない内容だ。

 映像の下に展開されている説明部には2021年11月上旬デビューの文字が踊っている。同時に、強めのライトミドルタイプとなる1/230ver.もリリースされるようで、これも見逃せない。

 一方、同じSANKYOからすでに速報が伝えられていた新機種『フィーバーマクロスフロンティア4』にも新たな動きがあり、スペックや機種情報などの詳細な内容が公開された。

 既報の通り、大当り確率が1/319.7のミドルタイプでRUSH継続率が約81%、で右打ち中はオール1500発となるが、「5万発報告」などの爆裂性で一躍シーンの最上層に浮上してきた『Pフィーバー機動戦士ガンダムユニコーン』と同様に初当りに3000発フラグが仕込まれているようだ。

 通常時に7図柄で大当りすれば1500発当りのあとに次回大当り濃厚となる250回転の時短モード「VICTORY TIME」に突入し、もう一度1500発を獲得。そしてその後は通常のRUSHモード「ギャラクシーライブ」に突入する。

「ギャラクシーライブ」は時短1回or2回プラス残保留1個で展開される連チャンモードで、まずは時短1回転分となる「1st STAGE」で即当りor V-コントローラー演出にて大当りを狙う。

「1st STAGE」で外れると保留を溜めて「2nd STAGE」へ。時短2回目+残保留1個か残保留1個の抽選で大当り&モード継続を賭けた演出が展開。時短2回+残保留1個なら継続率は約87.5%だが、時短1回+残保留1個の場合は約75%となると少し変わった構成のRUSHとなっている。

 ただ、最高でも3回転で勝負が決着するのでよりスピーディーな連チャンを味わえそうだ。もちろん、『ガンダムUC』同様にその出玉性能にも期待がかかる。

 強力な機種が立て続けに登場する豪華なラインナップのSANKYO。その勢いは止まりそうにない。

(文=木戸範孝)

<著者プロフィール>

 Webメディアに掲載されるスポーツ関連記事の作成および編集業務を経験。その後はGJにて競馬やパチンコ・パチスロ、スポーツなどを担当している。現在はパチンコ・パチスロ分野に力を入れており、自身が好む爆裂タイプの動向に注目している。業界ニュースも担当。業界関係者への取材を元に、新台関連の記事も多く作成している。

【注目記事】

■パチスロ「上乗せ7万7000G」の大事故…5号機史上「最強特化ゾーン」!?

■パチンコ新台「期待出玉4900発」×「王道ループ」…「2つの確変」搭載の激熱スペック間もなく降臨!!【新台分析-パチンコ編-】

■パチスロ「設定6濃厚台」で四苦八苦… 設定不問の爆裂要素が出玉の鍵を握る!

■甘デジ新台「1/60」を切る破格の確率で「100%ST」! 当れば「半分10R」…遊びやすさと満足感が光る激熱マシン!!

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button