パチンコ

日本でオンラインスポーツベッティングが急上昇!

突然ですが、皆さんはスポーツ観戦がお好きですか?また、国内・海外を問わず応援しているチームや選手はいますか?もし、そうなら、スポーツベットにチャレンジしてみましょう!

スポーツベッティングは、その時に開催されているスポーツ試合の結果に賭けるギャンブルのこと。あらゆるスポーツマーケットの中から、興味のあるものにベッティングして、結果によって配当を受け取ることができる仕組みです。たとえば、国内の野球ではパシフィックリーグ バスケットボールならB.LEAGUEリーグ(Bリーグ)といった有名イベントが賭けの対象になります。勝敗予想は任せて!という方にはうってつけですよ。

ここでは人気急上昇のオンラインスポーツベットについて、その盛り上がりの背景や理由、賭けることができるスポーツの種類や賭け方を、バーチャルスポーツやEスポーツを含めてご紹介します。

 

オンラインスポーツベッティング人気の背景とは?

一昔前までは、認知度がさほど高くなかったベッティング。ここ数年で一気に人気は右肩上がりです。さっそく、その人気に拍車をかけた背景を解説します!

わかりやすくて簡単なシステムを導入

オンラインスポーツベッティングの人気が高まっているのは、システムが至ってシンプルでわかりやすいからです。

私たちは、日頃からインターネットやオンラインを使って生活しているため、全体的な使い方には慣れていますよね。アプリをダウンロードしたり、新しいサイトでショッピングをしたり、およそ検討がつきます。しかし、オンラインゲームといったジャンルになると、初めての方は尻込みをしてしまうこともあるかもしれません。しかし、ベッティングにおいては、登録や賭け方のプロセスが非常にシンプルでわかりやすいところがポイントです。

ブックメーカーとはどのように機能するのですか?まず、新規登録をしたら、好きな時にログインをして好みのスポーツを選びます。あとは、好きな試合を選んで、自分の気に入ったベッティング方法で結果を予想するだけ!オッズもわかりやすく、サイトによっては賭け方のコツなども解説しています。

ライブベッティングで世界的なイベントを観戦

日本国内では衛星放送や特別なテレビチャンネルがない場合、世界的なスポーツ試合を見ることができないことがありますよね。もちろん、日本が出場している国際試合は別ですが、海外チーム同士の試合については、一般的なスポーツチャンネルでは放映されないこともあります。これはスポーツファンとしては非常に残念なことですよね。

オンラインベッティングには「ライブベッティング」というシステムを導入しているところがあります。別名「インプレーベッティング」とも呼ばれるように、進行中のスポーツイベントを見ながら、決まったマーケットに賭けるものです。もちろん、生配信で試合を観戦できるため、スリルと興奮は計り知れません!

たとえば、サッカー好きならユーロリーグ、バスケットボールファンならアメリカの大学リーグ(NCAA)など、海外ではフィーバー間違いなしの試合をライブで観ることもできるんですよ。さらに、試合を観ながら賭けを行うことができるとなれば、楽しみも2倍に膨れますよね。

ウェルカムボーナスや得点が満載

オンラインスポーツベッティングサイトでは、新規で登録すると、オンラインカジノと同じようにウェルカムボーナスを獲得できるところもあります。その他、サッカーや野球などの主要スポーツを対象としたキャッシュボーナスを進呈しているブックメーカー 日本もあるんですよ。季節や特定の時期に行われるベッティングの不定期プロモーションなどもあり、今が花盛りといったところ!

日本人のみならず、誰でも特典やボーナスを貰うのは嬉しいですよね。得をして流行りや注目のイベントに参加することで、大好きなチームや選手を応援することもできます。こういったメリットも、日本でのベッティング人気を支えていると言えます!

ベッティングで賭けることができるスポーツは?

ここでは、一般的なブックメーカーで取り扱っているスポーツの種類や代表的な試合についてご紹介します。

王道は「サッカー」「野球」「バスケットボール」「テニス」

スポーツベッティングで最も人気があるジャンルはサッカー、野球、バスケットボール、テニスです。これらは外せません。

  • サッカー:Jリーグ、プレミアリーグ、ラリーガ、セリエA、ブンデスリーガ、

ワールドカップ、AFCチャンピオンリーグ、ワールドカップなど

  • 野球:国内プロ野球、メジャーリーグなど
  • バスケットボール:Bリーグ、B2リーグ、ユーロリーグ、NBA、NCAAなど
  • テニス:ウィンブルドン、全豪オープン、全米オープン、ローランドギャロスなど

最近の注目は「バレーボール」「卓球」

最近、注目が高まっているのがバレーボールや卓球です。周知のとおり、卓球はアジア圏で絶大なる支持を得ていますよね。

バレーボール:Vリーグ、セリエA、スーペルリーガ、FIVB、ワールドカップなど

卓球:TTカップ、アジア競技大会、日本リーグなど

根強いファンが多いのは「競馬」「アメフト」

競馬やアメフトも根強いファンが多いスポーツ!競馬は国内の競馬場まで足を運ばずに済みますね。アメフトはド迫力のタックルに圧倒されるファンが続出です。

競馬:有馬記念、天皇賞、安田記念、フェブラリーステークス、宝塚記念など

アメフト:世界選手権、インターナショナルボールなど

その他、人気のスポーツは数え切れないほどある

前述したスポーツ以外に人気があるスポーツは、ボクシング、フットサル、ビーチバレー、ラグビー、クリケット、ハンドボール、ゴルフ、アイスホッケーなど!その他、珍しいところでは、スヌーカー、トロッティング、フロアボール、オージールール、ゲーリックハーリングなどがあります。

国内でスポーツベッティングの人気が急上昇している理由に、賭けることができるスポーツが増えた!ということも挙げられるでしょう。新しいスポーツを知る最高のきっかけにもなりますよね。

覚えておきたいベッティング方法

ここで簡単にベッティングの方法(賭け方)を挙げてみます。

基本的なベットタイプは勝利チームを予想する「1×2」、人気が偏っているチームにハンディキャップを加味する「ハンディキャップ」、合計の得点数を予想する「トータル」があります。その他、アンダーオーバー、面白いところでは最初にイエローカードが出るチーム、得点王、月間MVPなどを予想するものもあります。ぜひ、覚えておきましょう。

バーチャルスポーツやEスポーツも最高の盛り上がり

ベッティングが国内で大旋風を巻き起こしている理由に、バーチャルスポーツやEスポーツの発展があります。

バーチャルスポーツは環境に左右されにくいのが魅力

スポーツベッティングは一般的なスポーツを対象とするだけではありません、現代のベッティングは仮想空間を意識した「バーチャルスポーツ」がアツいです。

バーチャルスポーツは、サッカーや野球などの実際のスポーツをコンピューターゲームに変身させたもの。本物のプロスポーツプレイヤーが無観客の状態で試合を行い、動画やライブストリーミングでその模様を配信するスタイルです。たとえば、サッカーでは世界のトッププレイヤーが「FIFA」をプレイして、ライブ配信を行ったりしています。

このように、プロのスポーツ選手が参加するバーチャル的な試合にも賭けることができます。バーチャルスポーツなら、環境や世界情勢に左右されにくいですよね。ベッティングファンも途切れることなく賭けを楽しむことができます。

Eスポーツは最先端技術を堪能できる新時代のスポーツ

世界屈指のテクノロジーを誇る日本が、真っ先に興味を示すのが「Eスポーツ」でしょう。バーチャルスポーツと似た要素はありますが、こちらはコンピューターゲームやビデオゲームを使用してスポーツ競技を行うのが特徴です!もちろん、Eスポーツにもプロのスポーツ選手が存在するんですよ。

主な競技は、シューティングゲームのFPS/TPS。MOBA、アーミー系のRTS、格闘ゲーム、サッカーなどのスポーツゲーム、デジタルカードゲームのDCG、ぷよぷよやテトリスなどのパズルゲームなどです。これ、全てEスポーツのジャンルです。

そもそも、Eスポーツは日本よりも海外で早くも爆発的な人気を博していたスポーツ競技。何と、世界大会では優勝賞金が10億円規模という超豪華スポーツイベントでもあります。加えて、Eスポーツは、将来オリンピック競技になる可能性があると言われるほど注目されています。ゲーム大国の日本で盛り上がりを見せているのは、ある意味納得ですね。もちろん、国内でもEスポーツに賭けたいパンターは増加しています。

まとめ

日本国内では野球やバスケット、サッカー、バレーボールはもちろん、卓球、テニス、アイスホッケーなどの試合にベッティングすることができます。ベッティングは、オンラインスロットゲームと同様に、スマホやiPhoneなどのモバイル端末でプレイが可能なのも魅力でしょう!

また、ベッティングサイトではオンラインカジノとスポーツベットの両方を運営しているところもあるため、好みのカジノスロットをプレイした後に、ベッティングを楽しんでもいいですよね!こういった総合ベッティングサイトでオンライン カジノ スロット おすすめをチェックしたり、話題の頂点になっているスポーツイベントを確認しながら、ワクワクする時間を倍増させましょう!

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button