パチンコ 勝ちやすい台 2021

パチスロ4号機で「機械割151%」の衝撃シリーズ始動!「甘い甘い怪物」の登場に期待が高まる!! – パチマックス

パチスロ4号機で「機械割151%」の衝撃シリーズ始動!「甘い甘い怪物」の登場に期待が高まる!!の画像1

 4号機時代の2000年にA600の大量獲得機として名を馳せた初代『ガメラ』。

 アルゼ『大花火』など、それまでの多くの大量獲得機がBB中にそれなりの目押し技術を要したのに対し、ガメラはリプレイフラグのシフト持ち越しとナビに従うだけで簡単、かつ安定して650枚ほどの獲得が可能だった事から幅広い層に支持されました。

 更に通常時は逆押しする事でボーナスフラグを素早く察知でき、キッチリ打てば設定1でも機械割が100%を超えた事もヒットに繋がった大きな要因でした。

 その機械割は設定1で約104%、設定6では何と約151%にもなったのですから…正に大怪獣、モンスターと呼ぶに相応しいマシン。そしてとーっても甘い甘いマシンなのでした。

 そんなシリーズ最新機『Sパチスロガメラ』(銀座製)が登場。後継機もリリースされていますが前作『ガメラZS』が2010年のため、今回は11年ぶりという事で期待は高まるばかりです。

 本作でもその甘さは当然の如くしっかりと受け継いでいるようで、やはりフル攻略では設定1でも100%を超えると言われていました。擬似ボーナスでの大量獲得機を再現。平均約560枚の獲得が期待できるようです。

〇〇〇

■ボーナス合算確率:設定1・1/219 ~ 設定6・1/170.8

■ベース50枚:設定1=33.6G

〇〇〇

 出率に関しては目押し技術により幅があるものの、フル攻略では全設定において100%OVERが期待できる様子。演出面でも歴代ガメラを受け継ぎつつしっかりパワーアップしており、甘く楽しい記憶がよみがえるばかりです。

 甘い機種に関しては賛否ありますが『ディスクアップ』しかり、『いろはに愛姫』しかり。最近では『ひぐらしのなく頃に祭り2』あたりでしょうか。とにかく甘い機械にはお客さんが集まります。

 利益が取りにくく、ホール側が望まない客層が来店する可能性も否めませんが、単純に集客するという意味では抜群の効果がありますので、やはりお店がどう上手く使うか。活かし方次第ではないのでしょうか。

 本機はその技術介入要素に関しても『ディスク』や『ひぐらし』における『ビタ押し』のような高い技術が求められる訳ではなく、2コマ目押しとの事なので比較的ハードルも低いです。目押しに長けた若年層などに限定されない点も、稼働を後押しする要素と捉えて良いでしょう。

 甘い甘いモンスターに期待を寄せているパチスロファンもきっと多いはず。大怪獣『ガメラ』の最新作に、またまた要注目です。

 導入開始6月7日~

(文=電撃しらっち)

【注目記事】

■パチスロ「今、最も勝てる」マシン!? 天国連が魅力の新台は「〇〇ヤメ」の台がアツい!!

■パチンコ新台「通常大当り」後に「200回時短」も魅力!「金図柄」揃いは次回確変が!?

■パチンコ約83%ループ「最大3200発」の斬新ストック機が登場! パチスロ「適合率が30%台」までアップ…両者に“アツい”ニュースあり!!

クレジットソースリンク

もっと見せて!

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button